こむら返りが危険な場合も

こむら返りが起きた時にする!1分で治す10の対策

こむら返りが危険な場合も

こむら返りを何度も引き起こす場合、もしかしたら病気が原因となっているのかもしれません。こむら返りが起こる危険な病気もありますから注意してみましょう。

 

こむら返りが起こる病気として考えられるのが、閉塞性動脈硬化症です。動脈硬化という名前が付いているため、血管の一部が詰まることは想像できると思います。この病気は動脈硬化の一種で、両足に流れる太い血管内で詰まりが生じるため、最悪の場合下半身を切断しなければならないこともあります。

 

この病気の特徴はこむら返りが起こりやすいだけでなく、動いた時につるのが特徴です。こむら返りは両足ではなく片足に多くなっているため、どちらか片方のみ症状を繰り返す際に注意してみてください。

 

下半身に流れる太い血管の一部が詰まりかけているためこむら返りを起こしやすくなり、次第に動脈硬化が進んでいきます。この段階で既に血流は悪くなっており、足の冷えなどを感じている方もいます。

 

早期発見されれば血管のバイパス手術にて治療が可能です。しかし、動脈硬化の原因が取り除かれなければ何度も繰り返すこともあります。食事療法や運動療法などで予防ができるため、動脈硬化ができやすい方は注意してみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ